「4人の食卓」(韓国 2003年)

『受け入れがたい事実は事実じゃない。
耐え難い真実は真実じゃない。』
4人の食卓 [DVD]4人の食卓 [DVD]
チョン・ジヒョン パク・シニャン
アミューズソフトエンタテインメント
by G-Tools


 記憶違いでなければホラーという触れ込みで
 公開されたと思うんですが・・・。
 これはホラーを入り口にした心理劇・・・私好みの(笑)。

インテリアデザイナーのチョンウォンは
婚約者ヒワンとの結婚を目前に控える日々。
ある日、地下鉄で母親に毒殺された幼い姉妹を偶然見かけてから、
彼は自室の食卓に死んだはずの姉妹が座っている姿を見るようになる。
そんな中で父の教会の信者ヨンと知り合ったチョンウォンは
「テーブルにいる子供たちを寝かせたら?」という言葉から、
自分以外にも姉妹が見えるヨンに助けを求めるのだったが・・・。


まずは邦題の話から。
原題(英タイトル)は「THE UNINVITED」。
「アンインヴィテッド」という読みでいいのでしょうか?
招かれざる者お呼ばれしない者
映画を観た方なら納得のタイトルですが、
でも「4人の食卓」・・・これも上手いですね。

都市部の無機質なマンション群と土着の霊媒や雨乞い。
育児ストレスと子どもへの暴力。
舞台装置は揃っているのに中途半端な印象が残ります。
一番の問題はチョンウォンの記憶の封印が簡単に解けること。
記憶がないという漠然とした恐怖から
忘れ去られていた家族の顔と罪の恐怖。
怯えきってでも誰にもそれを打ち明けられない。
自分の殻に閉じこもり必死に自分を守ろうとするチョンウォンは
ヨンすら拒絶する・・・。
大きな事件に巻き込まれて心に傷を負ったヨンが、
一番信じて欲しい人に疑われて更に深手を負ったヨンがまた・・・。

シーンが頻繁にそして唐突に変わるさまは目障りなほど。
ストーリーの進行はパク・シニャン、チョン・ジヒョンのふたりに
思い切って預けた方が良かったように思います。
チョンウォンとヨン夫の意味ありげな2ショットが後半どう生きるのかと思ったら・・・。

パク・シニャンとチャン・ジヒョン。
「パリ恋」とも「僕カノ」とも違うふたりの演技は見応えがありました。
人間の心の弱さを描いたドラマはいわゆるホラーではありませんが、
ある意味で怖い映画です。
でも・・・惜しい・・・。

他人の目には食卓についているのはひとり・・・。

コメント

221.171.15.254
こんばんは。
ちょっとまとまりがなくとっちらかった印象の終わり方でしたね。
心の傷の深さが記憶をなくしてしまうというテーマは面白かったし、
その記憶が何かの拍子に蘇ってしまったとき、人はどうするか?
に興味があったのですが、ちょっと描き足りない感はありました。
謎は謎のままだし、何も解決せずチョンウォンはまたひとつ背負ってしまった…。
だけど、私はそれなりに面白かったです。
ただ、心理的な怖さだけで十分怖いと思うのに、
必要以上に視覚的・聴覚的に怖がらせようとしていたのがちょっと・・・。
何もそんなに驚かせようとしなくても(苦笑。

59.141.253.154
TB有難う御座います。
原題の『4人用の食卓』のほうが作品のテーマに合う気がしますが『4人の食卓』もまた上手いタイトルですよね。
4人用の食卓は家族の象徴。あのラストの食卓は強烈でした。幸せな食卓を囲うことが出来なかったもの達の擬似家族にも見えたり...
謎が多いのは監督の狙いのようです。なのでそこが物足りなさを助長してしまうのが少し残念です。
しかし人間の深層心理を見事に描いた作品であると思います。

58.89.2.210
Makoさん、
面白いことは面白かったんですが。
R-12指定だけにちょっと視覚的に引くシーンはありましたが。
>謎は謎のままだし、何も解決せずチョンウォンはまたひとつ背負ってしまった…。
謎に関しては私はあまり引っかからないのですが、
思い出したくないから記憶が封じ込められていたわけですから、
チョンウォンが背負った・・・背負い直した過去は・・・。
>心理的な怖さだけで十分怖いと思うのに
それだけで良かったと思います。
色々と織り込みすぎてまとまりのない印象になりました。
主役ふたりが上手かっただけに、もったいないと言う気持ちが強いです。

58.89.2.210
rainさん、
『4人用の食卓』では日本語として据わりが悪いですし、
『4人の食卓』で構わないと思います。
ラストで『4人』揃いましたし。
>謎が多いのは監督の狙いのようです。
>そこが物足りなさを助長してしまうのが少し残念です。
謎が多い少ないというよりまとまりがわるかったと思います。
切り口も面白いし、主役ふたりの演技も素晴らしいし、
極限に追い込まれた人間の深層心理に迫った作品なのに、
監督の自己満足で終わってしまったようで残念です。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「4人の食卓」

たどってはいけない 恐怖がある2003年韓国映画 監督・脚本:イ・スヨン、主演:パク・シニャン、チョン・ジヒョン怖かったし、悲しかった。血が流れたりするバイオレンスな怖さではなく、背筋がゾッとする心理的な怖さ(視覚的恐怖もあるけど)。そして、深い。※ネタばれ....

『4人の食卓』  チョン・ジヒョンが初めてホラーに挑む!記憶の迷宮スリラー

アミューズソフトエンタテインメント 4人の食卓出演■チョン・ジヒョン、パク・シニャン監督■イ・スヨン<ストーリー>?結婚間近のジョンウォンに、ある日、信じられない事が起こる。それは、幸せな新婚生活を願って用意された4人がけの食卓に、地

「四人の食卓」

ひらりんが大好きなチョン・ジヒョンの出演4本目の作品。「猟奇的な彼女」(2001)を最初に見て度肝を抜かれ・・・、「イルマーレ」(2001)を見てフンフンと思い・・・、「僕の彼女を紹介します」(2004)は劇場鑑賞して大感激・・・、そしてこの作品(2003)を鑑賞することに・・・。2003年度製作、韓国映画。サイコ・ホラー映画。あらすじ結婚を間近に控えた男ジョンウォン。ある日、電車内で幼い姉妹を目撃。その姉妹が翌日、毒殺されてたと知る。その日から新婚用に用意した四角い食卓にその姉妹の姿を目にするようになる
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア