FC2ブログ

2018年3月。

2018年3月。

○大間原発訴訟 函館地裁、原告の請求棄却

Jパワー(電源開発)が青森県大間町に建設中の大間原発をめぐり、
函館市の市民団体らがJパワーと国に建設の差し止めなどを求めた訴訟。
3月19日、函館地裁(浅岡千香子裁判長)は原告の請求を棄却した。
原子力規制委員会による大間原発の安全審査が継続中で、
運転開始の具体的なめども立っていないと指摘。
・・・原発がこれだけ休止中なのは何故?
廃炉に向けた動きが活発化しているのは何故?
審査は審査。
まずは建設差し止めでしょう?
大体大間なんて北海道の真向かい。
また東日本大震災クラスの地震や津波があったら、
食料基地としての北海道の被害は計り知れない。
というか大間のマグロを有難がる人はいなくなりますよ。

時代に逆行している判決。




○注射器C型肝炎訴訟 国の賠償責任認めず
北海道健康づくり財団(札幌市)が定期的に実施している調査によると、
2006~20015年の北海道由仁町での肝がんによる死亡率は全国平均の2.49倍。
由仁町のふたつの診療所で1980年ごろまで注射器の消毒が不十分、
・・・湯のみ茶碗の水で洗っていた(!)注射器が使い回されたため。
これによってC型肝炎ウイルスに感染、肝硬変や肝がんを発症したため。
患者や遺族らが国に損害賠償を求めた訴訟の判決は、
3月14日、札幌地裁(湯川浩昭裁判長)は請求を棄却でした。

普通に考えれば原因は他にないと思いますが、
何せ古い話でカルテも残っていない、
というか肝心の診療所がすでにも廃院、医師も亡くなっている。

・・・証明できないわけですね、因果関係が。
じゃあ、どう証明するの?って話。




○通販で買った靴のサイズが違っていた件。
仕事の後、帰宅して新しい靴に履き替えて
母の入院先に行ったのですが靴がキツい。
午後や夕方は足が浮腫む・・・にしてもいくら何でも・・・と
何気に靴を見ると22.5(・・?)
私のサイズ23.5ですから窮屈で当たり前だとしてどうして22.5('_'?)
帰宅後、確かめましたが靴が入っていた箱には23.5の表記。
通販の発注の控えも問題なし。
ということは靴と中身のサイズが違っていた、合っていなかったということ。
・・・今までもう何年も通販を利用していますがこんなことは初めて。
とはいえこの靴を購入したのは昨年の秋。
屋外で履いてしまっているのでもうどうしようもできません(((((゜゜;)
伝票や袋や箱だけではなく現物も確認しないとだめなんですね。
・・・ショックですΣ(-∀-;)




○野菜セットが当たりました。
FMノースウェーブの「L」(エル)。
久しぶりに聞いたノースで久しぶりにリクエストなんかしたら、
リクエスト曲の変わりに野菜が当選。
野菜セットは番組からではなく北海道興農社から直接発送、
一ヶ月ほど先になるというご連絡を受けて
楽しみに楽しみにしていました。
20180316-05_compressed.jpg

・・・改めまして、
201803162-03_compressed.jpg
ほうれん草と越冬人参に越冬じゃがいもにミニトマト。

冬を越した根菜類は甘みが強いというか味が濃厚な気がする。
そしてほうれん草!
最近jはようやくお値ごろになってきましたが、
これが届いた頃はとにかくお高かった。
ミニトマトはちょっと酸味があって瑞々しくて。
おいしくおいしく頂いておりますm(_^..^_)m

テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

tag : 大間原発訴訟 注射器C型肝炎訴訟 FMノースウェーブ 「L」(エル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア