FC2ブログ

地震の時にあって良かったもの

2018年(平成30年)9月6日。
北海道胆振東部地震。

我が町は震度5弱。
水道は大丈夫だったし、LPガスの地域なので料理も出来る。
避難することなく自宅で生活できている。
最大の問題は停電。


・ラジオ
非常時にはラジオ。
電池カバーを開けてえっ?単一4本?。
幸い、どこからのもらい物の懐中電灯に
ラジオが付いていたはず・・・と引っ張り出して、
単四でホッとして。
ラジオでスマホで聞けますが・・・バッテリーは?
非常時の情報は必要。
ラジオは絶対あった方がいい・・・何電池かを確認して。



・電池
以前から電池は買い置きしておく習慣があって、
特に単三は目覚まし時計やラジオ(前のは単三。
だから今あるラジオも単三だと信じて疑わず・・・)。
携帯の充電器が単三使用のもの、
また単四はリモコンなどに使うのでこれも常備していました。
これは慌てて買出しに行かずに済んだ理由のひとつ。



・バンドエイドなど
使わなかったけどね。
でも半暗がりの中でのガラスの片付けなどを経験すると
これも常備しておいた方がいいと思う。



・現金
ポイントが付くので普段の買い物は電子マネーですが、
非常時は使えません。
ニュースで買出しの映像が流れますが、支払いは現金です。
これは偶然なんですが地震前日の6日、
手元不用意のためお金を下ろしていました。
特に今回は全道での停電でそのまま週末になってしまったので
買い物したくてもお金が・・・とパターンもあり、
・・・まあ、買いたいものがない場合もありますし、
防犯面と痛し痒しの部分はありますが・・・。



・水
災害時にひとり3リットル必要と聞きますが、
一回キャップを切るとミネラルウォーターは
飲みさしじゃなくても保存が利かない。
もちろん洗濯や他の用途にすればいいのですが、
単身者は一日では多分使い切れない。
私は500ミリのペットボトルを常備しています。
今回水道に被害は無かったけれど、
水があるという安心感は大きい。



ちなみに被害。
・人形ケースのガラス1枚
片づけをしている最中の余震で、
座っている私の目と鼻の先に落ちて割れました。
怪我しなかっただけラッキー。



・冷蔵庫・冷凍庫の中身
電気が通っていない冷蔵庫や冷凍庫はただの箱。
停電の復旧がいつになるのか全く読めない状況で、
開け閉めすることはそのまま冷気を逃すことになる。
しかも気温は27度前後と9月の北海道にしては暑い。
お昼に冷蔵庫にあるものを食べよう、
救出できるものは救出しよう・・・、

結局復旧したのは停電から20時間くらい。
電源が入って元の温度になるまでどれくらいなのか。
冷凍庫の中に入っているものは煮るなり焼くなりレンチンなり、
火を通して食べますがでもやっぱり厳しい。
買ったばかりの冷凍ロールキャベツは霜だらけ。
特におうちフリージングは悲惨で、
肉、キノコ、ほうれん草のおひたし、ささげ、揚げ物などは×。
油揚げやがんもどきは正直迷いましたが、
身体を壊しては元も子もない。
それでなくても季節の変わり目なのに、
地震後は自分でも免疫が落ちていると思うし。

もったいないなぁ、申し訳ないなぁと思いながら、
15Lのゴミ袋ひとつ分廃棄。

ほくでんさん、どうしてくれる(怒)。

ところでHTBがやらかしたらしい。
北海道テレビ放送株式会社 取材活動についてのお礼とお詫び

テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

tag : 北海道胆振東部地震 LPガス 水道 ラジオ 電池 バンドエイド 現金 ミネラルウォーター HTB

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア