FC2ブログ

北海道胆振東部地震の個人的備忘録

今日は良いお天気でほ9月の北海道らしくない気温。
北海道胆振東部地震の日と同じようなお日和です。
困ったこと、役立ったこと、感じたことなどの備忘録。
随時、追記していきます。


過去ログ9月9日9月11日と重複多数。
まあ、覚書なので。

我が町は停電のみで水道は大丈夫だったし、
都市ガスではなくLPガスなので料理も出来る。
今回の地震ではかなり被害が少なかった地域です。
とにかく問題は停電。

父が夜、トイレに起きた時に足元が明るいようにと
購入したセンサー式ライト。
十何年・・・もっと前に購入した代物は電池式。
スイッチで常備灯に切り替えられるので、
停電時には使えるとは思っていましたが、
本当に使うことになるとは思いませんでした。
落ちて割れた人形ケースのガラスを片付け、
掃除機・・・は使えないので小さな破片はコロコロで。

入院中の母の様子が心配でした。
病院ですから滅多なことはないとは分かっていますが、
何せ古い病院なもので。
水道とガスは大丈夫なのを確認。
お鍋ややかんに水を汲み置く。
ウチの黒ネコさんはどこ?と探したら、
ハンガーラックの下で身体を丸めていて、
見たことのない怯えきった顔で「ニャー」。
とにかく彼の無事を確認してその辺にあるものに着替えて、
夜明け前の病院に。
非常用電源に切り替わり薄暗いロビーには
非常召集がかかったらしくスタッフさん多数。
当然エレベーターは使えないので階段で病棟まで上がり、
母に会ってひと安心。
当直のスタッフさんたちとも無事を確かめ合いました。

というところでちょっと寄り道でセブンに。
ようやく夜明けを迎えた店内に人があふれていました、
時間が時間なのでちょうど品薄のタイミング。
お弁当コーナーにあったのはグラタンくらい。
ペットボトルの水、電池類は売り切れ。
菓子パンとペットボトルの麦茶を手にレジに向かうと
私の前にカゴ二つにカップ麺を詰め込んでいた方が。

道理でカップ麺コーナーがスカスカだったわけ・・・。

帰宅するとどこからか黒ネコさんも出てきました。
この日の出勤者は店内の片付けに追われたそうですが、
幸い・・・本当に幸い私は休みの日。
もう、照明は必要ない時間ですが、
停電ではテレビもPCもダメで情報が入らない。
当然ラジオ・・・単一電池なの?
・・・この時まで単三対応だとだと思い込んでいました。
ガスコンロの電池が単一なので買い置きはありますが、
1本じゃ役に立たない。
ん~~~で、そういえば懐中電灯にラジオが付いていたはず・・・。
どうしてこれがウチにあるのかいまだに謎で、
(契約したことがない会社のロゴ入りだし)、
まあ、とにかくこれが単四を使うタイプ。
AMはNHK第一と第二とHBCしか入らず、
FM対応なのにノイズしか聞こえない代物ですが、
でもとにかくこれで状況はわかる。
最初はNHKを聞いていましたが、途中からはもっぱらHBC。
停電が全道であること、時間経過とともにわかる被害の大きさに
大変なことになっている・・・。
ただ、我が家周辺は水道は生きている、ガスも使える。
細かいことを言わなければ何日か分の食べ物はある。
乾電池も単三、単四ともに余裕がある、
闇雲にあれこれと買い物に走る必要は無い。

地震翌日の7日、出勤してどうだった?と聞くと
色んな意味でとにかく大変で、大変で大変だったそう。
職場でバタバタしていたら、あれやってこれやって・・・と、
後片付けに追い込まれていたんじでしょう。
地震直後、寝床にしていた押入れから飛び出して、
黒ネコさんはパニックになっていました。
病院から帰宅後は携帯を手元において、
今でなくてもいい家の片付けや衣替え。
私が家にいることで黒ネコさんも安心したらしい。
仕事が休みだったことは精神衛生上プラスになりました、
私にとっても黒ネコさんにも。

ところで停電時の冷蔵庫はどの程度大丈夫なものなのか。
復旧の目処が立たない中でこれは大問題。
開け閉めすることは庫内の冷気を逃すことになる。
気温は27度前後と9月の北海道にしては暑い。
お昼に冷蔵庫にあるものを食べようと一大決心。
クーラーボックスの手提げ袋版のような保温袋。
冷蔵庫の買い替え時に買った物ですが、
そこに食べきれないものを入れました。
冷凍庫からありったけの保冷剤を取り出して入れて。
・・・この段階で冷凍庫は諦めました。

結局、電気が復旧したのは停電から20時間くらい後。
案の定、買ったばかりの冷凍ロールキャベツは霜だらけ。
特におうちフリージングは悲惨で、
肉、キノコ、ほうれん草のおひたし、ささげ、大葉、
お惣菜の揚げ物などは×。
油揚げやがんもどきは正直迷いましたが、
身体を壊しては元も子もない。
それでなくても季節の変わり目なのに、
地震後は自分でも免疫が落ちていると思うし。
保温袋に入りきれなかったヨーグルトや練り物類も同様。
もったいないなぁ、申し訳ないなぁと思いながら、
15Lのゴミ袋ひとつ分廃棄。

今回の地震で厚真町、安平町や鵡川町などは
大変な被害を受けました。
また札幌市清田区や北広島市では液状化被害が出ている。
ただ、ここまで全北海道が大混乱した原因は一にも二にも停電。
停電で信号がダメだからトラックが走れなかった。
工場関係も電気がなければ動かない。
牧場も搾乳機が動かせない、
また牛乳を保管しようにも電気がない。
・・・トラブルは結局、停電に繋がってしまう。
地震から10日、ようやく落ち着いては来ましたが。

もう一点、これも停電絡みだと思うのですが、
宅急便が受け取れない。
時間指定が出来ないと言って午前中に配達に来る。
当然不在で再配達を依頼しても、午後5時までと言われる。
それじゃあ、受け取れません。
大体何のための時間指定・・・?
ようやく受け取ったのは不在通知の4日後かな?

相変わらず余震が続いています。
そして節電が呼びかけられています。
甲斐性なしのほくでんのためではなく、
私たち自身のために協力していきましょう。

テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

tag : 北海道胆振東部地震 備忘録 停電 黒ネコ 厚真町 安平町 鵡川町 札幌市清田区 北広島市 余震

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア